docomo、新たな小型認証デバイス「ポータブルSIM」を開発中

株式会社NTTドコモは、報道発表資料にて小型認証デバイス「ポータブルSIM」を
開発したと発表しました。

「ポータブルSIM」は、内部にSIMカード、Bluetooth®、NFCを搭載しており、
「ポータブルSIM」内のSIMカードがスマートフォン等を介して、
ネットワークと相互に認証を行うことで、
SIMカードが入っていないスマートフォン等でもネットワーク接続が可能になります。
「ポータブルSIM」をプライベート用のスマートフォン、
職場に置いているタブレット等にかざすことで、1つの携帯電話番号を端末間で
切り替えてご利用いただくことができます。

また、「ポータブルSIM」は、SIMカードの高いセキュリティ領域を利用して、
ID・パスワードを保存することができ、ショッピングサイト等をご利用いただく際に、
ID・パスワードが自動的に反映されます。

「ポータブルSIM」デバイス本体

docomo_portable-sim_develop_2

利用イメージ

SIMカードの入っていないスマートフォン・タブレットに「ポータブルSIM」をかざし、
Bluetoothによりスマートフォン・タブレットを介して認証を行うことで、
SIMカードを抜き差ししなくてもネットワーク接続が行われ、
電話やメール等の携帯電話機能を利用することができます。

docomo_portable-sim_develop_1

現在発売されているスマホ・タブレットは非対応

簡単に言うとデータ通信だけでなく、電話も利用できるWiFiルーターのようなものですが、
現在発売されている機器では利用できないようです。

1つの機器で複数の電話番号を利用できるサービスといえば「2in1」が思い浮かびますが、
2014年6月現在「2in1」に対応したスマートフォンが発売されていません。
なので「ポータブルSIM」はスマートフォン版の「2in1」と言っても良いかもしれません。

WILLCOMの「だれとでも定額パス」+WiFiルーターとも言えるかもしれません。

情報源:報道発表資料

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。