docomo、国内通話が定額でかけ放題になる「カケホーダイプラン」等の新プランを発表。

docomoは国内宛の通話を定額に、そしてパケット通信のデータ通信量を
家族、同一法人間で分け合える新たな料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」、
長期利用者向けの割引サービス「ずっとドコモ割」25歳以下向けの割引サービス「U25応援割」を
2014年6月1日から提供することを発表しました。

docomo_2014new_plan_1

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」について

カケホーダイ=「カケホーダイプラン」のこと。既存のプランで言うと「タイプXiにねん」等に当たる。
パケあえる=「パケットパック」のこと。既存のプランで言うと「Xiパケ・ホーダイライト」等に当たる。

カケホーダイプラン

既存の「タイプXiにねん」「タイプXi」には無料通話分がなく、
通話に関するサービスは「Xiカケホーダイ定額制」(ドコモ間の通話が定額)のみとなっていました。

今回の「カケホーダイプラン」では国内の通話は定額になります。
類似のサービスとしてWILLCOMの「誰とでも定額」が上げられますが、
大きな違いとして「カケホーダイプラン」は何回でも、何時間でもかけ放題となっています。
(「誰とでも定額」は月500回まで、一回の通話は10分までという制限がある)
docomo_2014new_plan_2

今までのタイプXiにねんが月780円であった事を考えると割高感は否めません。
月にdocomo以外に約50分通話するという方はこのプランがお得になります。(単純計算です。)

パケットパック

既存のパケ・ホーダイ○○に当たるものですが、
個人単位ではなく家族単位でデータ使用量の共有が出来るようになりました。
docomo_2014new_plan_3

一人で利用する場合

  • データSパック
  • 毎月利用可能なデータ量は2GB、料金は3500円 既存のパケ・ホーダイライトにあたる?

  • データMパック
  • 毎月利用可能なデータ量は5GB、料金は5000円 既存のパケ・ホーダイフラットにあたる?

家族でデータ量を共有

  • シェアパック10
  • 毎月利用可能なデータ量は10GB、料金は9500円

  • シェアパック15
  • 毎月利用可能なデータ量は15GB、料金は12500円

  • シェアパック20
  • 毎月利用可能なデータ量は20GB、料金は16000円

  • シェアパック30
  • 毎月利用可能なデータ量は30GB、料金は22500円

MVNOにはなるがIIJmio等で既に行われている複数回線でのデータ量の共有(シェア)が
本家のdocomoでも行われるようになったという形。

らくらくスマートフォン利用者向け

  • らくらくパック
  • 毎月利用可能なデータ量は200GB、料金は2000円

2台目プラス

上で挙げた「データMパック」「データSパック」で既に契約中の人が
同一名義でデータプラン(タブレット・WiFiルーター等向け)を契約する際に
既に契約している回線の利用可能データ量が共有出来るというもの。
docomo_2014new_plan_4

簡単に言うと1回線目のデータ量を2台目と共有していいなら個別に契約するより安くするよ!
というサービスです。

結局どういう人が得をするのか

  • docomo以外への通話が多い人
  • カケホーダイプランを使うことで今までより安くなる可能性がある

  • 家族でdocomoを利用していてパケット使用料の偏りがある家族
  • シェアパックを使うことで安くなる可能性がある。
    docomo_2014new_plan_5
    docomo_2014new_plan_6
    既存の無料通話分の家族内での共有を考えていただければ分かりやすいかと。

    契約は6月から

    「カケホーダイ&パケあえる」の提供は6月1日から、
    予約は5月15日から受け付けるようです。

    Author Profile

    管理人
    当サイトの管理人です。