ドコモ、2015年3月27日から下り最大225Mbpsの「LTE-Advanced」提供開始

NTTドコモがLTEを更に高度化した通信方式「LTE-Advanced」の提供を開始することを発表しました。
PREMIUM-4G-LTE-Advances
「LTE-Advanced」はLTEの更なる高速化・大容量化を実現する技術。現在日本国内で提供しているキャリアは無く、NTTドコモが国内キャリア初の提供となります。

今回NTTドコモが提供開始を発表したのは「LTE-Advanced」の主要技術の1つであるキャリアアグリゲーション。
キャリアアグリゲーションは複数の周波数帯を束ねて通信速度を速める技術ですがNTTドコモでは「1.7GHz/800MHz」「1.5GHz/2GHz」という風に束ねる周波数帯の組み合わせを使い分け下り最大225Mbpsを実現しています。

LTE-Advancedを使用したサービスを「PREMIUM 4G(プレミアム4G)として展開していくようです。(上記画像がPREMIUM 4Gのロゴ)

サービスイン時の対応機種は、モバイルルーターの「Wi-Fi STATION HW-02G」と「Wi-Fi Station L-01G」となり、現時点で発売されているスマートフォンは非対応。

エリアは22都道府県 27市5区6町での提供開始し、2015年度に全国主要都市へ提供予定となっています。

情報源:報道発表資料:国内最速となる受信時最大225Mbpsの次世代ネットワーク「LTE-Advanced」を提供

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。