Colorful Clip

TOP
Fashion
サメの形をした可愛いバッグハンガー。St...

サメの形をした可愛いバッグハンガー。Stream Trail「CLIFF HANGER SHARK」レビュー

最近は飲食店やカフェに行くと荷物をかけるフックがテーブルに着いていたり、足元に荷物を入れられるカゴが置いてあるお店が増えてきていますが、そういった設備が無いお店もまだまだ多いですよね。

テーブル席であれば向かいや隣の席の上に置く事が可能ですが、そうでない場合はそのまま地面に置くことになります。特にラーメン屋等では床が脂等でギトギトになっていて、流石に荷物を置く気にはなりませんよね。

そんな時に役立つのが「バッグハンガー」ですが、少し個性的な物を見つけたので購入してみました。それが今回紹介する、Stream Trail(ストリームトレイル)の「CLIFF HANGER SHARK(クリフハンガー シャーク)」という商品。

見た目が可愛い「CLIFF HANGER SHARK」レビュー。

仕様

  • サイズ:7.5×8.5×1.5cm(W×H×D)
  • 材質:プラスチック
  • 耐荷重:10kg
  • カラー:ブラック/グレー/ネイビー

バッグハンガーといえば金属製のスタイリッシュな「Clipa」が有名かと思いますが、この「CLIFF HANGER SHARK」はプラスチック製。

と言っても安っぽいということはなくこだわりを感じる、良い意味でのチープさ・カジュアルさがあって個人的には気に入っています。

耐荷重は約10kg。普段遣いの鞄+荷物であれば必要十分かと思います。

こちらが「CLIFF HANGER SHARK」本体です。今回私が購入したのはグレー。何と言っても名前の通りサメがモチーフとなっているのが特徴で、折りたたんだ状態だと各辺が約7cm程の正方形に近い形になります。

開くとカタカナのコの字になります。

1辺の長さが約7cm程なので物理的には厚みが10cmを超えるようなテーブルや棚、フックなどにも引っ掛けることが可能です。ここまで大きく開くバッグハンガーは殆ど無いと思います。事実上殆どのテーブル使うことが出来るのが便利なんですよね。

機能的に必要な滑り止めのゴムのギザギザをサメの牙にしてしまう発想は、水辺にまつわるアイテムを取り扱ってきたブランドらしさを感じて好きです。

目の部分は少し主張が強めで角度を変えるとキラキラと光ります。

バッグハンガーを使っていたけど無くしてしまって買い直したという話も良く聞きますが、このバッグハンガーは両端に磁石が埋め込まれています。

ここも「CLIFF HANGER SHARK」を選んだ理由の一つで、絶妙な強さでくっついてくれるので持ち運んでいる時に外れてしまう事もなさそうで安心。

ボタンやジッパーの付いていないトートバッグ等に付けておくとカラビナのような感じで簡易的な留め具代わりにとして使えて便利だったのでおすすめです。

可動部付近に本体と同系色で控えめにブランドロゴが入っています。

可動部には金属が使用されており、間にも一枚挟まっているので強度的にも安心です。

実際に使ってみる

テーブルに引っ掛けてみる

この写真では厚さ3cm程のテーブルにノートパソコンや書類、ペンケース等の約3〜4kg程の荷物を入れたトートバッグをぶら下げていますが安定感は抜群で安心して引っ掛けることが出来ました。

鞄を引っ掛けるフックに当たる部分が7.5cmあるので肩紐の太いものでも使えますね。

フックに掛けづらいバックパックにもおすすめ

トイレの個室に入ると扉にこういったフックが良く付いているかと思います。通常であればバックパックの取っ手の部分をかければ良いと思いますが、この日使用していたバックパック「RAINS BackPack Mini」は取っ手に当たる部分が縦方向に付いているので引っ掛けられないんですよね。

今までは肩紐で無理やり引っ掛けてみたり、便座の後ろに荷物が置けるところであればそこに置いたりしていたのですが、「CLIFF HANGER SHARK」を使うとこういったフックにも吊るすことが可能になります。

私自身これは想定外で、個室に入ってからふと「もしかして引っ掛けられるんじゃ…」と閃いて掛けてみたのが上の写真。役立ちました。

シンプルなバッグのアクセントになるバッグハンガー

バッグハンガーとしては定番の「Clipa」の購入も検討しましたが手持ちの鞄はカジュアルなモノが多く少し合わせづらいと感じていました。そんな時に見つけたのがこの「CLIFF HANGER SHARK」のベースとなっているモデル「CLIFF HANGER」でした。

このモデルはカラーバリエーションが豊富でブラック、ホワイトの他、レッド、イエロー、パープル等がラインナップされているので鞄やその日のコーデに合わせて付け替えたり、推しの担当カラーを選ぶのも楽しそうです。「サメの装飾は合わない…」「シンプルな方が良い」という方にはこちらがおすすめ。

他の色を買い足そうと店舗へ行った際に今回紹介した「CLIFF HANGER SHARK」を見かけて思わず購入してしまったのですが大正解でした。無印モデルの機能性・利便性はそのままにサメがデザインされた事によって可愛さがプラスされていてお気に入りです。

「Clipa」と比べるとやや大きく存在感が強くなってしまうように感じますが、無地のトートバッグや真っ黒なバックパックのような物に付けるとバッグチャーム代わりの良いアクセントになってくれますし、他人から見える鞄の外側に付けているので話の種にもなります。

バッグハンガーとしては比較的安価な約1,000円で購入出来るので、手持ちの鞄の数に合わせて購入し、つけておくと忘れる事もなく便利に使えそうです。

新しい記事Anker「PowerPort Atom III Slim」レビュー。薄くて小さい、持ち歩き用にぴったりなUSB充電器

古い記事Seagate「FireCuda 510」レビュー。高い耐久性能が特徴のM.2 NVMe SSD

Share共有する
Writerこの記事を書いた人