TOP
Gadget
Spigen「GLAS.tR ALIGN MASTER」レビュー。誰でも簡単に貼り付けられる、ガイド枠付き全画面保護ガラス

Spigen「GLAS.tR ALIGN MASTER」レビュー。誰でも簡単に貼り付けられる、ガイド枠付き全画面保護ガラス

  • でツイートする
  • RSS購読する
  • B!でブックマークする
  • で送る

先日発売された「iPhone 12 Pro Max」の購入に合わせて、Spigenの液晶保護ガラス「GLAS.tR ALIGN MASTER」を買ってみたのでレビューしていきます。

昨年同じく「GLAS.tR ALIGN master」の液晶保護ガラスを購入して使っていましたが、今回は全画面保護タイプを買ってみました。

iPhone 11 Pro Maxの大画面にも簡単に貼り付けられる。Spigen「GLAS.tR ALIGN master」を試す。

こちらがパッケージですが、先日レビューした同社の保護ケース「リキッド・クリスタル」のパッケージ同様、白を基調としたデザインにリニューアルされています。

液晶保護ガラスフィルムの同梱物としてよく見かけるアルコールシート、クリーニングクロス、ヘラの他、貼付け時に使用する治具(写真右上)が付属しています。これのお陰で貼り付けの難易度が一気に下がります。

こちらが保護ガラス本体。端が黒く縁取られています。

全画面を保護するタイプのガラスフィルムなので、所謂ノッチ部分の切り欠けがありません。ここ数年ノッチ付きの機種が急増していたので、逆に目新しい気すらしてしまいますね。

実際に貼り付けた後のiPhone 12 Pro Maxがこちら。全画面保護ガラスらしく、ぱっと見ただけでは何も貼り付けていない様に見えます。

寄ってみましょう。一般的なノッチ部分がカットされている保護ガラスと比べると、画面端まで保護されているので、「貼り付けている」感が無くて良いです。

この角度から見ると、保護ガラスが貼り付けられているのが分かりやすいです。ケースに干渉しないよう、一回りほど小さく作られています。

ガラス自体の品質としては可もなく不可もなくといった感じ。指紋はそれなりに残りやすく目立ちます。正直な所、無名メーカーの物と大差ないように感じました。

まとめ

前述の通りガラスフィルム自体の出来は正直微妙ではあるものの、貼り付け用の器具が使いやすく便利なので、液晶保護フィルムの貼り付けが苦手な方にはおすすめできるかなと。

本当はiPhoneのデザインを活かして所謂”裸で”使いたいとは思うものの、iPhone 12 Pro Maxともなると価格も10万円代後半となってくるので流石にその勇気はありません。そんな時に見た目をあまり崩さず画面を保護できるガラスフィルムは有り難いですね。

個人的には久しぶりに全画面保護タイプの保護ガラスを購入しましたが、やはり画面上部に欠けがなく、端も適度に攻めてくれているのは見ていて気持ちの良いものです。

執筆時点で約1,600円で購入可能。2枚入りなので1枚あたり約800円。友人等と一緒に機種変更して二人で分けて使うも良し、割ってしまった時の予備として保管しておくのも良し。

「Spigen AlignMaster FC」をAmazonでチェックする!

当然ながら、同じくSpigenからリリースされている保護ケースとの相性も抜群なので、iPhoneの購入に合わせてケースとガラスフィルムをセットで事前に買っておくのもおすすめです。

iPhone 12 Pro Max用ケース「Spigen リキッド・クリスタル」レビュー。

  • でツイートする
  • RSS購読する
  • B!でブックマークする
  • で送る
この記事を書いた人
yUu
「Colorful Clip」を書いてる人。シンプルなモノや個性的なデザイン・コンセプトを持ったモノが好き。スマートフォンはGalaxy S10とiPhone 12 Pro Maxを愛用中。