iPhone Xの保護ガラスに「Anker KARAPAX GlassGuard」を選んでみました。
iPhone Xの保護ガラスに「Anker KARAPAX GlassGuard」を選んでみました。

iPhone Xを購入したので、はじめの一枚として「Anker KARAPAX GlassGuard」を購入してみました。

iPhone初のOLED搭載!「iPhone X シルバー」開封&フォトレビュー

Ankerの新ブランド「KARAPAX」

Ankerといえばスマートフォンのケースや液晶保護ガラス等のアクセサリーで有名なメーカーですが、「KARAPAX」という新ブランドからiPhone X向けアクセサリーが販売されています。

このブランドでは保護機能の高さとデザインを追求した製品が販売されています。

開封

それでは早速開封です。よくある画面保護ガラスに比べると少し厚い箱に入っています。
anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_1

anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_2

内容物としてはよく付いているものばかりですが、左端にあるオレンジの器具がこの商品のキーアイテムです。
anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_3

恐らくもうお気づきかと思いますが、こちらを使用して誰でも簡単かつ正確に貼り付ける事ができます。
anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_4

貼り付けてみました

iPhone Xにはホームボタンが無いのですっきりとしていますね。ガラス自体の形としては、画面上部のセンサー部分が切り抜かれているだけとなっています。他社の商品を見てみても、iPhone X用の保護ガラスはこの形が一般的な様です。

肝心の保護範囲ですが、丁度ディスプレイ部分を全て覆っている感じです。
anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_7

anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_8

anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_5

anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_6

ただ個体差かもしれませんが、上部の端が少し浮いてしまっています。
anker-karapax-glassguard_for_iphone-x_9

ガラスですので有機ELの美しさを損なうことがありません。また、安物ガラスのように指の滑りが悪かったり、指紋が付きやすいということも特にありませんでした。

紹介した通り、貼り付けの補助器具が付属しているので、保護フィルム・ガラスを貼るのが苦手という方でも簡単に正しく貼り付けることが出来るのでおすすめです。執筆時点で1000円程で購入可能です。

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。