私がiPhone 6sを買って最初に行った6個の設定

iPhone 6sを買って最初に行った設定を覚書を兼ねて、紹介します。

1.iPhoneの名前を変更

デフォルトでは「○○ ○○のiPhone」のように本名入りとなっています。インターネット共有(テザリング)をよく使う方は要注意。これがSSIDとなるので、変更しておかないとテザリング利用時に本名を晒すことになります。
iphone-6s_first-setting_1

変更は「設定アプリ>一般>情報>名前」から変更出来ます。私は複数台持ち歩くことが多いのでキャリア+機種名にしています。

2.バッテリー残量をパーセント表示に

初期設定する度に「デフォルトで有効になっていないのか」と感じる部分です。パーセント表示でないと分かりにくいですよね。
iphone-6s_first-setting_2
「設定アプリ>バッテリー」から変更出来ます。

3.マナーモード時のバイブレーションを無効に

ガラケー時代には「サイレントマナーモード」と呼ばれていた設定です。デフォルトではマナーモードにしてもバイブレーションはなってしまいます。私は普段はマナーモードをオフに、机の上に置く時や静かな場所に入る時等にオンにする様にしているのでバイブも切っておきたい所です。
iphone-6s_first-setting_3
「設定アプリ>サウンド」から変更可能です。少し設定が分かりにくいと思いますが、「着信スイッチ設定時」というのがマナーモードオフの時、「サイレントスイッチ選択時」というのがマナーモードオンの時です。今回はマナーモード時にバイブを切りたいので「サイレントスイッチ選択時」側を無効にしています。

4.LEDフラッシュ通知を有効に

名前の通り、通知時にLEDを光らせるという設定です。メールやLINEの通知を見逃しがちな方にオススメの設定です。
iphone-6s_first-setting_4
少し奥にありますが、「設定アプリ<一般<アクセシビリティ」から変更出来ます。

5.文字入力を「フリックのみ」に

フリック入力しか使用しないのでフリックのみに。これは万人にオススメの設定と言うよりは自分の使い方による設定ですね。
iphone-6s_first-setting_5
「設定アプリ>一般>キーボード>日本語」から変更可能です。

6.Googleアカウントを追加

私はAndroidもよく使うので、Googleアカウントで電話帳・カレンダーを管理しています。Apple製品しか使っていないという方はiCloudでも良いかもしれません。
iphone-6s_first-setting_6
Googleアカウントの追加は「設定アプリ<メール/連絡先/カレンダー<アカウントを追加」から出来ます。

ここが少しややこしい所ですが、Apple純正のメール・連絡先・カレンダー等のアプリを使用している場合は特に気にしなくて良いのですが、GoogleのGmail/Inboxやサードパーティ製のメーラー・カレンダーアプリ等を使っている方は二重に受信してしまい面倒になるので、Apple純正のアプリを使用する部分だけ有効にした方が良いです。


以上6点が私が6sを買ってまず行った設定です。私はiPhoneを買い換える際は不要なアプリ等の整理も兼ねて、一から設定しなおしているのでこれらの設定は自分の中では定番となっています。

私の愛読している「ガジェットショットさん」が設定についてのエントリを書かれていたので私も書いてみました。

便利だと思った物は是非試してみてください。

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。