「ASUS ZenFone Selfie」開封&フォトレビュー

先日参加したイベントにてレビュー用に頂いた「ZenFone Selfie」が届いたのでまずは開封と本体のフォトレビューをお送りします。

この記事はASUSよりレビュー用に試用機を提供して頂き、執筆しています。

こちらがパッケージ。横にはアイコンで簡単にスペックがまとめられています。
asus-zenfone-selfie-unboxing_1

asus-zenfone-selfie-unboxing_2

asus-zenfone-selfie-unboxing_3

箱から出すとまずこの機種の特徴である大きなインカメラ目に飛び込んできます。
asus-zenfone-selfie-unboxing_4

本体を取り出すとユーザーマニュアル、保証書等の紙類が入っています。
asus-zenfone-selfie-unboxing_5

その下にはACアダプター、microUSBケーブル、ZenEar(イヤホン)、イヤーピースが同梱しています。
asus-zenfone-selfie-unboxing_6

こちらがZenFone Selfie本体です。今回頂いたのは「ZD551KL」のホワイト。
asus-zenfone-selfie-unboxing_7

前面上部にはこの機種の特徴である、大きなインカメラがあります。横にあるのはデュアルカラーLEDです。
asus-zenfone-selfie-unboxing_8

前面下部にはホームボタン等があり、その下にはスピン加工が施されています。見えにくいですが、下部にmicro USB端子があります。
asus-zenfone-selfie-unboxing_9

上部は中央に電源ボタン、右側にイヤホンジャック。左右の側面には何もありません。
asus-zenfone-selfie-unboxing_10

背面です。灰色でうっすらとZenFoneのロゴが入っています。主張し過ぎず良いですね。手触りはマットな感じで指紋がつきにくそうです。
asus-zenfone-selfie-unboxing_11

背面に音量ボタンがあるのは少し珍しいですね。背面にはオートフォーカスに利用するレーザーがあります。デュアルカラーLEDはこちらにもあります。
asus-zenfone-selfie-unboxing_12

この機種はリアカバーを取り外すことが出来ます。SIMカード、microSD類はカバーを取り外して挿入します。この機種はデュアルSIM対応となっているので、SIMスロットが2つ。但し以前P8liteをレビューした時にも書いた通り日本国内では同時に2つのSIMを使うことは出来ません。
asus-zenfone-selfie-unboxing_13

microSDはSIMスロット1の上に刺すようになっています。
asus-zenfone-selfie-unboxing_14

スペック

製品名 ZenFone Selifie
型番 ZD551KL
カラー ホワイト/ピンク/アクアブルー
CPU Snapdragon 615 15GHz+1.0GHz
メモリー 2GB
ディスプレイ 5.5インチ IPS液晶 Gorilla Galass 4(1920*1080)
ROM 16GB
カメラ インカメラ:1300万画素,デュアルカラーLEDフラッシュ
アウトカメラ:1300万画素,デュアルカラーLEDフラッシュ,レーザーオートフォーカス
バッテリー容量 3000mAh
サイズ 高さ約156.5mm*幅77.2mm*奥行き3.9mm~10.8mm
質量 約170g
その他 デュアルSIMスロット,IEEE802.11a/b/g/n/ac

という訳で、ASUSよりZenFone Selfieの実機を頂きましたので、今後レビュー行っていきたいと思います。

既に国内でも発売されており、税込40,820円となっています。俗にいう格安スマホというジャンルでは少し高くなっていますが、写真をよく取るという方は一度選択肢に入れてみては如何でしょうか。

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。