大容量で低価格はそのままに「安全性」と「軽さ」を追求。2年ぶりにリニューアルされた「cheero Power Plus 3」レビュー

cheeroが2014/12/06より発売開始した、同社の大人気モバイルバッテリーシリーズの最新作「cheero Power Plus 3」のレビューをお送りします。

cheeroの名を世に馳せるきっかけとなったcheero Power Plus、次に2012年に発売されたデザインが大きく変更され見た目も良くなったcheero Power Plus 2、そして今回Power Plusシリーズとしては2年ぶりにリニューアルされたcheero Power Plus 3。

今回は今までcheeroが築いてきた大容量で尚且つ低価格と言うのは残しつつも、安全性と軽さが追求されています。特に今回大切にされているのは「安全性」です。これを考え、非常に高価であるものの、日本製の電池を利用しているそうです。

パッケージ

今までのパッケージとは異なり、ダンボーバッテリーのシリーズと同じくダンボールのようなパッケージになっています。
cheero-power-plus-3_1

背面には仕様が書かれています。
cheero-power-plus-3_2

開けると、コレまた今までとは異なり、cheeroからのメッセージが書かれています。
cheero-power-plus-3_3

付属品

付属品は取扱説明書とmicro USBケーブルのみ。ポーチは付属していません。価格を考えると仕方ないことだとは思いますが、持ち運びに便利だったので残念ではあります。ただ、筆者の持っているPlus 2 miniに付属していたポーチに入れることが出来たので、同社の別のバッテリーを持っている方はそれで代用してもいいかもしれません。
cheero-power-plus-3_4

本体

ぱっと画像を見ただけでコンパクトになったのがわかると思います。
cheero-power-plus-3_5

電源ボタン・USB部です。電源ボタンが大きくなり押しやすくなっています。LEDは廃止されています。
cheero-power-plus-3_6

USB部の反対には仕様が書かれています。
cheero-power-plus-3_7

バッテリー残量表示のインジケータLEDはPlus 2の縦長のものではなく、初代のそれと同じく丸型に戻っています。
cheero-power-plus-3_8

cheero Power Plus/Plus 2/Plus 3との比較

Plus(初代) Plus 2 Plus 3
バッテリー容量 10000mAh 10400mAh 13400mAh
カラー ブラック ブラック/ホワイト/ゴールド ホワイト
入力 5V/1A 5V/1A 5V/2A
出力 1A×1,2.1A×1 1A×1,2.1A×1 1A×1,2.4A×1
寸法 116×74×22(mm) 111×80×22(mm) 92×80×23(mm)
重量 250g 290g 245g

iPhone 6なら約4回、iPhone 5sなら約5回充電可能

Plus 2から2年ぶりにリニューアルされ、バッテリー自体の品質が上がるのは勿論、コンパクトになりつつもバッテリーの大容量化が行われ、2年ぶりに出ただけあるなと言った感じです。LEDや付属品のポーチが無くなったのは残念ですが、価格や需要を考えると廃止もやむなしなのかもしれません。

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。