iPhone/iPadがiTunesのリモコンになる!Apple純正アプリ「Remote」レビュー

「Remote」はiPhone/iPad/iPod touchを同じネットワーク上にあるPCのiTunesのリモコンに出来るApple製のアプリです。
ソファやベッドに寝転びながらPCのiTunesを手元の端末で選び再生などのコントロールが出来ます。

使い方

アプリのダウンロード

まずはApp Storeからダウンロード。

Remote 4.2(無料)
カテゴリ: エンターテインメント, ミュージック
販売元: Apple – iTunes K.K.(サイズ: 20.3 MB)

アプリを起動して設定

コントロールしたいPCと同じWi-Fiに接続している状態でインストールしたアプリを起動し、
PCのiTunesとiOS端末を結びつけます。

デバイスを追加をタップし、表示されたパスコードを
remote4-2-3

iTunesで入力。
remote4-2-1

以上でRemoteの設定は完了です。
remote4-2-2

余談

上の「ホームシェアリング」でも下の「ライブラリを追加」でも出来ることは同じです。
私は以前からホームシェアリングの方を利用しているので同じように上の方で行いましたが、
下の方が分かりやすいと思ったのでこちらを紹介しました。

Remoteを使ってみる

ミュージックアプリとほとんど同じUIなので操作面で悩む心配は殆ど無いはずです。
remote4-2-4
再生・一時停止・曲送り/戻り、音量の調節、シャッフル/リピートのオン・オフ、
アルバム/アーティスト別での一覧表示、プレイリストの新規作成・編集等、
殆どのことは出来るようになっています。流石Apple純正アプリと言う感じですね。

iPad版はiTunesに似たUI

iPad版は今回初めてインストールしてみましたが、本当にiTunesにしか見えませんよね(笑)
remote4-2-5

アルバムをタップするとこの様に曲名が表示されます。
remote4-2-6

再生中の曲の表示はこんな感じ。
remote4-2-7

まとめ

今回はミュージックしか紹介していませんが、ムービー・Podcast等の操作も出来ます。
特に映画鑑賞などの際にiPhoneをリモコンとして利用できるのは便利ではないでしょうか。

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。