今更聞けないiPhone/iPadのテザリング事情

iPhone/iPadには「インターネット共有」俗にいう「テザリング」機能が搭載されています。

テザリングとは

iPhone/iPadを利用して別の通信機器(eg.ノートパソコン、ゲーム機)を
インターネットに繋ぐ事ができる機能のことです。

iPhone/iPad等のAppleの製品では「インターネット共有」という名称の機能ですが、
「インターネット共有」=「テザリング」と認識していただければ良いです。

※今回はiOS端末について書いているので省いていますが、Androidスマートフォンにも
「テザリング」機能は搭載されています。

テザリングには3種類ある!

Wi-Fiテザリング

一般的に「テザリング」と聞くと思い浮かぶであろう物がこれ。
「Wi-Fi」を用いて行うテザリングです。
複数の機器を同時に接続できますが、バッテリーの消費が早いというデメリットがあります。

USBテザリング

これは主にノートパソコンで使うことが多いでしょうか。
「USBケーブル」で直接PCと接続して利用するテザリングです。

PCと接続しているので充電しながら利用できるのでバッテリーの心配をしなくても良い、
尚且つWi-Fiテザリングよりも速度が出るというメリットが有りますが、有線で機器同士を接続する必要があるので
ケーブルの煩わしさはあります。

Bluetoothテザリング

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれません。
「Bluetooth」を用いて行うテザリングです。
BluetoothはWi-Fiと同じく無線通信で接続して利用するものですが、
Wi-Fiテザリングと異なりバッテリーの消耗が少ないです。
しかし、Wi-Fiテザリングと比べると速度が遅く、同時に1台しか接続できません。

iPhone/iPadでテザリングするときの例

ここからは実際にテザリングする時をイメージして図を作ったのでそれを見ながら確認してみたいと思います。

※以下の「親機=テザリングする側」「子機=接続する側」です。

iPhoneが親機でiPadが子機の場合

よく利用することが多いと思うケースがこれ。Wi-Fi版のiPadを持っている人なら、よくしてるのではないでしょうか。
iphone_ipad_tethering_1

PC以外はUSB接続はできないので省いています。
それ以外の「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」は可能です。

余談ですがiPhone同士でBluetoothテザリングは利用できません。
まあこんなことする人はいないと思いますが(笑)
(例:iPhone5sが親機で、iPhone5sが子機)

理由は少し技術的な事になるので難しいのですが、
簡単に言うとiPhoneはBluetoothテザリングの送信側にはなれるが受信側になれないからです。
iphone_ipad_tethering_3

Cellular版iPadが親機で、iPhoneが子機の場合

iphone_ipad_tethering_2

意外と知られていないのがiPadを親機にする時に
BluetoothテザリングでiPhoneを接続出来ないということです。

注意していただきたいのはiPadでBluetoothテザリング出来ないのではなく、
iPhoneが子機の場合利用できないということです。

実際に以下の様に子機がiPod touchの場合、Bluetoothテザリングも利用できます。
iphone_ipad_tethering_4

まとめ

Wi-Fiテザリングの場合は親機がiPad/iPhoneどちらでも問題ないが、
Bluetoothテザリングを利用する場合は注意が必要です。
と言っても、iPhnneを子機にしなければ問題ないので殆どの場合は気にする必要がありません。

「そういえばiPhoneは子機になれなかったな…」と
頭の片隅に入れておく程度で良いと思います。

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。