NFC対応!ミニディスプレイ搭載Bluetoothステレオヘッドセット「SBH50」レビュー

以前から使っている「SBH20」との比較を中心にレビューしていきます。

開封

カラーはホワイト/ブラックの全2色。今回はホワイトを購入しました。

化粧箱

「SBH20」と同様、非常にコンパクトです。
2014-05-05 21.55.28

付属品

イヤホン/microUSBケーブル/イヤーピース(S/M/L/)/ACアダプタ
2014-05-05 22.25.02

スタートアップガイド/取扱説明書
2014-05-05 22.26.59
付属品は「SBH20」と全く同じです。

本体

SBH20を見慣れているので多少大きいように見えますが
それでも余裕で拳の中に収まるサイズなのでかなり小さいです。

前面は光沢のある指紋のつきやすい素材で出来ています。
現在時計が表示されているところがディスプレイ。その横にあるのがアクションボタンです。
2014-05-05 22.30.25

次に背面ですが、前面とは異なり光沢はありますが、白なので指紋は目立ちにくいです。
またSONYのロゴの下にNFCのマークが有ります。
この部分はがクリップになっているのでSBH20同様、衣服に挟んで利用できます。
2014-05-05 22.29.42

次に側面。
左から「戻る/メニューボタン」「前へ キー」「再生/一時停止\選択キー」「次へ キー」
殆どの操作はこの4つのキーで行います。
2014-05-05 22.28.56

フタ付きの「microUSB端子」「電源ボタン」があります。
microUSB部の蓋はSBH20と異なり、シリコン製で柔らかいです。
2014-05-05 22.32.33

「ボリュームボタン」があります。
2014-05-05 22.29.22

イヤホンを刺す「イヤホンジャック」と通話の際に使うマイクが有ります。
2014-05-05 22.29.10

「SBH20」と「SBH50」の違い

大きな違いとして「ディスプレイの有無」が挙げられます。
ディスプレイのあるSBH50では音楽・通話のみならず、
他にもスマートフォンと連携して使用できる機能が多数あります。
また単体でFMラジオを聞くことも出来ます。

その代償として僅か4.4gですが重くなっています。

実際に使ってみる

iPhoneの場合(iPhone 5c)

iPhoneはNFC非対応なので手動でペアリングを行う必要があります。
接続するとSBH50側でも接続中というマークが出ます(画面左端のスマホのマーク)
また、スマホと接続しないと時刻表示できないので
時間が表示されていることでも接続中なのが確認できます。
2014-05-05 22.44.11

この時メニューキー押すとこのような画面に変わります。
2014-05-05 22.44.21
左端から設定/再生中の音楽の表示/FMラジオ。

試しにiPhoneで音楽を再生してみます。
2014-05-05 22.43.56
アルファベット・カタカナ共にきちんと表示されます。

基本的にiPhone…というよりAndroid端末以外と接続して利用できるのは
音楽を聞くことぐらいです。SBH50の本領はAndroid端末を接続した時に発揮されます。

Androidの場合(LGL22)

まず初めにAndroidの場合は専用のアプリが配信されています。
なのでペアリングする前にとりあえずインストール。

Stereo Bluetooth Headset SBH50

制作: Sony Mobile Communications
価格: 無料
平均評価: 4.1(合計 2,388 件)

posted by: AndroidHTML v2.2

それと「スマートコネクト」アプリもインストールする必要があります。

スマートコネクト

制作: Sony Mobile Communications
価格: 無料
平均評価: 4.2(合計 92,725 件)

posted by: AndroidHTML v2.2

「SBH50」はNFCを搭載しているので携帯側もNFCに対応していると
かざすだけで自動でペアリングされます。
2014-05-05 22.56.37

接続すると「接続中」という通知が出ます。
SBH50_2

メニューキーを押した際の選択肢がiPhoneの時よりも多いです。
2014-05-05 22.57.25

「中央に0と書かれているマーク」「受話器のマーク」が増えています。
0と書かれたものは通知の数、受話器のマークは着信履歴になっています。

更にすごいのがメール通知やTwitterのリプライ通知などを表示することが出来る事です。
これは別途プラグインをスマホにインストールすることで対応化することができます。

プラグインの追加で機能を増やせると言うのはSmartWatchのようです。
(と言うよりSmartWatchと同様のプラグインを利用できます)

SBH50へのアップデートはAndroidと接続した時に行われます。
SBH50_1

SBH20とSmartWatch2の良いとこ取り!

SBH20と僅か4gほどしか変わらないのにディスプレイを搭載。
そしてSmartWatchと同様のプラグインを利用できる。
両方に興味があるという方向けのガジェットではないでしょうか。

SBH20とSBH50で悩んでいる方もいると思いますが、
両方使ってみて思うのはどちらの方が良い!というガジェットではないということです。
使う用途・場所によって向き不向きがあるので
自分の使い方にあった方を選ぶと良いと思います。

よろしければSBH20のレビューもご覧ください。
NFC対応!僅か12.5gのBluetoothステレオヘッドセット「SBH20」レビュー | Colorful Clip
MH755 …

今回レビューした商品

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH50/B ブラック
ソニー (2013-07-19)
売り上げランキング: 1,679
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH50/W ホワイト
ソニー (2013-07-19)
売り上げランキング: 2,454

Author Profile

管理人
当サイトの管理人です。